オンラインゲームへの取り込みTOP | HOME

報道関係資料

2006年12月25日
社団法人コンピュータエンターテインメント協会


CESA加盟のオンラインゲームサービス提供会社における遵守事項を まとめた「オンラインゲーム運営ガイドライン」制定・施行へ

 社団法人コンピュータエンターテインメント協会(略称:CESA、会長:和田洋一、事務局:東京都港区西新橋、電話:03-3591-9151)では、昨今進展が著しい「オンラインゲーム」について、社会の関心の高まりなどを考慮した結果、当協会に加盟する会員会社を対象にオンラインゲーム運営会社における遵守事項を取りまとめた「オンラインゲーム運営ガイドライン」を制定・施行することとなりましたのでご報告申し上げます。

●オンラインゲーム運営事業者に対し、必要最低限の規範となる項目をまとめたガイドラインを制定。

 今回のガイドラインでは、主要なオンラインゲームメーカーの協力の下、現在運営中のオンラインゲーム事例や今後新たに運営されるオンラインゲーム展望を見据えた上で、必要最低限遵守すべき項目を具体的に抽出し項目化致しました。そのため、ある程度運営実態を反映した内容となっております。
 なお本ガイドラインは主として当協会会員会社を対象としておりますが、当協会に加盟されていないオンラインゲーム運営事業者におかれましても目的にご賛同いただき、同種の取り組みを進めていただくことを期待する次第です。

●ガイドライン実施は平成19年1月1日より施行。

 本ガイドラインは早期に実現すべきとの判断から、平成19年1月1日より施行することと致しました。平成19年1月1日以降、ガイドラインに則った運営・整備に順次対応していくこととなります。

●各運営企業がオンラインゲーム初心者向け各種説明項目の整備・提示を行うことを明文化。

 本ガイドラインの特徴として、オンラインゲーム初心者のために「プレイガイド」等を作成するなど、オンラインゲーム初心者のための説明・注意喚起を行うことを明文化致しました。

●オンラインゲームにおける不正行為を各運営企業が事前に定義し、対応することを明文化。

 各運営企業は事前に提供するオンラインゲームの「不正行為」を定義して運営に臨むとともに、当該「不正行為」については、各運営企業の判断により対処及び事実関係を整理した上で状況を確認、事態の収拾にかかる期間などを利用者へ適宜情報提供することを明文化致しました。

 本ガイドラインの制定により、ユーザーはメーカーの運営意向やゲームの性質を理解した上で、オンラインゲーム毎のルールに基づきゲームプレイに臨むことができ、メーカー・ユーザーが双方で良好な環境を構築することで、ユーザーが快適にプレイできるようになると期待する次第です。




Copyright (C) CESA